2013年10月28日

『酔って候』  司馬 遼太郎 

幕末というと、
志士の視点の本が多いが、
逆の藩主視点。

『酔って候』  司馬 遼太郎


そして『酔って候』と言えば、
柳ジョージ氏だ。
なるほど、この本がネタだったのね。


飲みながら読むべし、オススメです。
posted by イノキイズムK at 13:12| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。